校歌 パート別練習会  平成29年2月20日(月)
 2月20日(月)、校歌「太陽と山と海」のパート別練習会を行いました。
 卒業式を前に、東陽中学校の歌声を、生徒自ら引き渡し歌い継ごうとする意識づくりとして毎年行っています。上級生が下級生に歌の指導をすることによって、上級生は東陽中への思いや歌声を下級生に伝え、下級生は上級生の歌声を引き継ごうという気持ちを高め、自信をもって校歌を歌えるようにすることを目的としています。縦割り活動で上級生と下級生のつながりを大切にしている本校ならではの取り組みと言えます。
 ソプラノは武道場、アルトは3階じゅうたん、テノールは第1音楽室、バスは体育館に分かれ、3年生の一部の生徒が中心となり練習を行いました。
 美しい歌声ができるだけでなく、生徒たちの絆がさらに深まっていくことを願っています。