シェイクアウト訓練  平成28年9月1日(木)
 9月1日(木)、シェイクアウト訓練を行いました。
 これは、世界各地で行われる大規模な地震防災訓練です。年に1回、数万人から数百万人が参加して行われ、「ドロップ(姿勢を低く)・カバー(体・頭を守る)・ホールドオン(揺れが収まるまでじっとしている)」という身を守るための基本的な行動を、学校・職場・外出先などで一斉に実践するものです。
 本校でも、この訓練に参加しました。通常どおり給食を食べていたところに、正午ちょうどに緊急放送が入り、1分間、シェイクアウト体勢をとりました。給食中であったにも関わらず、牛乳をこぼすこともなく、真剣に取り組むことができました。命を守る意識の高さが嬉しかったです。