3年総合的な学習の時間
国際理解教育
 平成28年10月20日(木)
 10月20日(木)に、3年生「総合的な学習の時間 国際理解教育」の取り組みとして、講師の方の話を聞く会を行いました。
 この学習では、日本で暮らす外国人生徒のために、どのような支援の方法があるのかを知り、自分たちもできることをしてみようという気持ちをもつことを目的としています。
 当日は、その第1時として、二人の講師の方(愛知大学サークルCSN豊橋の林さん、NPO法人ABT豊橋ブラジル協会のコズメ タカオさん)のお話を聞きました。
 林さんは、ボランティアとしてどのような思いで外国人の方々と関わっているか、コズメさんは、カポエイラの普及を通して、外国人日本人の別なく共生していこうという思いをもっているという話をして頂きました。
 後半では、全員でカポエイラを見たり体験したりし、楽しい時間を過ごしました。